総選挙

共産党が躍進「オール沖縄」完勝

Photo
 14日投票の総選挙で、日本共産党は議席・得票数ともに大きく躍進させていただきました。改選前の8議席から21議席に躍進し、予算を伴わない法案を衆院で単独提出できることになりました。また、これまで議席が少なく党首討論ができませんでしたが、党首討論も可能になりました。
 自民圧勝と評する向きもありますが、自民党は改選前より1議席減らし、比例の得票率は33%にとどまっています。自民党の議席が多数を占められるのは、小選挙区制の弊害です。
 「この道しかない」と暴走する巨大与党に対し、「別の道がある」と対案を示している日本共産党に共感が広がりました。
新しい国会で奮闘するとともに、あらゆる分野で「一点共闘」をさらに発展させ、国会ない゛会で頑張ります。

ため仁史個人演説会

 衆議院選挙も最終盤となりました。
15区の「ため仁史」候補は連日、朝の駅頭宣伝や6日からはじまった、個人演説会など、精力的に共産党の政策を訴えて頑張っています。
今朝は河内長野駅で7時から8時15分まで、私たちも参加して宣伝しました。20141208_070446 千早赤阪村での、個人演説会は11日木曜日夜7時30分より行います。

ため仁史個人演説会
日 時  12月11日 夜7時30分から
場 所  小吹台コミニティーホール

  お気軽にお越しください


 マスコミが世論調査を踏まえ「自公300議席こえる勢い」と報じるなか、安倍暴走政治への危機感が高まっています。
「戦争する国にしないため、共産党に躍進してほしい」と期待の声が高まっています。
昨日の、難波での街頭演説会でも、いつもよりたくさんの聴衆があったように思います。また最後には「キョウサントウ」コールが響きました。20141207_171726

くらし・平和を守る政治へ

 衆議院の解散で、12月14日投票で総選挙が行われることになりました。
突然のことで、しかも12月の忙しいなか、また12月定例議会が開かれている中での選挙です。
 消費税の増税で、暮らしが厳しい、貧富格差のひろがり、集団的自衛権行使容認や秘密保護法など、問題がいっぱいある中での選挙です。
くらしを守り、平和をまもる政治に転換する選挙になるよう頑張りたいと思います。
 大阪15区では「ため仁史(きみひと)」さんがお世話になります。
比例区では、戦前戦後一貫して戦争反対を主張し続けた「日本共産党」がお世話になります。