« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

熊本・大分地震救援募金

 4月27日、日本共産党女性後援会は古市駅前で、「熊本・大分地震救援募金」の訴えをしました。Photo_2

 雨のなかではありましたが、たくさんの人が募金に応じてくださいました。
1時間の取組でしたが、「共産党はきらいだが、信頼できるから」と募金してくれた男性や、
募金をして「選挙でも共産党に入れてるで」とわざわざ言ってくれる人がいました。

2
 財布から、硬貨を何枚か出して募金箱に入れてくれる男子学生もいました。

 中には、募金をした後「なんや共産党やったんかいな。まぁいいわ」(。>0<。)といった人もいましたが、何か救援をしたいという思いが伝わってきました。Photo


 


 この日集まった募金は、15,841円集まりました。
 日本共産党中央委員会が責任をもって、現地の党組織とも相談し、随時、自治体等へお渡しします。
 ご協力ありがとうございました。

熊本・大分地震

 

16418

 14日の夜発生した「熊本・大分地震」で、亡くなられた方は、18日現在で42名、未だ安否確認できていない方が10名と報道されています。
無くなられた方に、心からお悔やみ申し上げ、被害にあわれたみなさんに心からお見舞い申し上げます。
 2
 毎週月曜日、河内長野市の丹羽市会議員と河内長野駅で宣伝をしていますが、今朝は普段の宣伝と合わせて、熊本地震への救援募金箱を設置しました。
 通勤の乗車を前に救援募金箱を見て、募金に応えてくれるサラリーマンの姿がありました。
 再稼働した、川内原発への影響がないか心配です。地震の多い日本での原発はやめて、自然エネルギーへの切り替えが必要だと改めて思いました。
 

4・9女性が翔る

 70年前の4月10日に女性参政権が施行されました。考えられないけれど、女性は政治に参加できなかった時代が、近代にあったのですね。
政治は私たちの暮らしそのものです。しっかり世の中を見ていかなくてはなりません。
 4月9日、エルおおさかで「女性が翔る」集いがあり、私たちも参加しました。
 今、「安全保障関連法」を廃止させたいと、全国で廃止を求める「総がかり2000万人署名」が取り組まれています。
 集会では、前大阪弁護士会会長さんから、安倍政権とその補完勢力による、改憲の動きなどわかりやすく、お話されました。
 リレートークでは「安保法制に反対するママの会」「T-ns SOWL west」「明日の自由を守る若手弁護士の会」「SADL」など幅広い9団体の代表から、「安倍政治をやめさせたい」思いと決意が述べられました。

Photo
 夏の参議院選挙で頑張る、日本共産党の渡辺ゆいさんからは、参議院選挙で勝利して、安倍政治を追い込み、安保法制廃止のために頑張る決意と、参議院議員の、たつみコータローさんより国会報告がありました。

Photo_22


集会後、私たちは扇町までパレードしました。


 

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »