« 南海電鉄と交渉 | トップページ | おしゃべりぱくぱくカフェ »

平和のつどい

元自衛官 泥憲和さん語る 戦争の作り方 平和の築き方
3
 
2月27日河南町で開かれた「平和のつどい」には約90人が参加し、元自衛官の話を興味深く聞きました。
90分の話でしたが、パワーポイントで資料を示しながらの話はとても説得力がありました。Photo 
 占領軍による、押し付け憲法だという、憲法改正派の宣伝に対して、小学館の「少年少女日本の歴史」では、1989年版では、当時幣原首相が「新しい憲法には、戦争放棄ということを盛り込もうと思う」とマッカーサーに進言しているのに対し、1994年版では、占領軍から幣原氏に進言していることに書き換えられています。
 私たちは、「政府の発表する宣伝にあやつられている」ということが、たくさんの実例をあげて説明されました。
 正しく見抜く力が、私たち国民に求められていると思いました。
そのしために、赤旗はとても重要だと実感しました。

« 南海電鉄と交渉 | トップページ | おしゃべりぱくぱくカフェ »

地域の活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平和のつどい:

« 南海電鉄と交渉 | トップページ | おしゃべりぱくぱくカフェ »