« 献上米 | トップページ | スイス・バーゼル滞在記(3) »

千早川マス釣り場でミニ小水力発電

 5月27日、千早川のマス釣り場で、ミニ小水力発電の実証実験が行われました。2
 「金剛・葛城自然エネルギーの会」が関西外国語大学の青木豊明教授らと研究をすすめ、マス釣り場のオーナー井関さんの協力で、実証実験までこぎつけられました。4 
 井関さんは「先生方に教わって、自分のところで使う電力くらいは、自分のところで作りたい」と挨拶されました20150527

 「金剛・葛城自然エネルギーの会」では、身近にある自然エネルギーを活用して、市民の手でミニ発電の可能性をさぐり、実用化のためにと活動しておられます。

3_5


 ハンドメイドの発電装置





当日は、松原や河内長野・羽曳野・大阪狭山市の議員、河内長野市・千早赤阪村職員、毎日新聞記者など約30人が参加し、質問なども受けていました。

« 献上米 | トップページ | スイス・バーゼル滞在記(3) »

地域の活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千早川マス釣り場でミニ小水力発電:

« 献上米 | トップページ | スイス・バーゼル滞在記(3) »