« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

富田林市会議員 奥田良久

 看板設置3
 地元の方の土地をお借りして、東条筋の府道沿いに看板が設置されました。
これならよく目立ちます。
 富田林の日本共産党の3議席を確保するために、私もお手伝いに行ってます。
奥田議員には「棚田守りたい」の棚田(富田林領)に富田林市の制度を活用するために力を貸してもらいました。

心のこもった卒業式

 18日は小学校の卒業式でした
千早小吹台小学校では14人が卒業しました。20150318_102146
 式が始まる前、来賓の人に、校長先生から式進行の説明がありました。「今年は14名が卒業ですが、今日は一人欠席です」と報告があり、「体調壊したのかなぁ、かわいそうやな」と交々語っていました。2_2


1年生から5年生まで、在校生全員が14人の卒業生の門出を祝いました。中学校の卒業式とは違って、とても元気のいい卒業式でした。
 式が終わり、拍手で卒業生を見送ったのですが、「欠席していた1人が来た!!」ということで、その子のために全員着席して、卒業証書の授与式が行われました。
拍手して、14人全員が参加できたことに、みんな感動しました。o(*^▽^*)o
とっても温かい卒業式に胸が熱くなりました。校長先生はじめ、在校生、出席されたみなさんに感謝です。1_2





千早赤阪村立中学の卒業式

千赤中の卒業式に参加しました
Photo 13日は近隣市町村で卒業式が行われました。
とても素敵な卒業式で、毎年のことですが感動をもらいます。
Photo_2
 41名の卒業生は(男子23名・女子18名)、一人ひとり名前を呼ばれ、校長先生から卒業証書を授与されました。
 卒業生の答辞では「村中の卒業生でうれしい、村が好きで、誇りに思う」と村への思いを語り、友達のこと、先生や家族への感謝、普段は家族に感謝の気持ちを照れくさくて言えないけれど、今日この場でしっかり感謝の気持ちを語っていました。
校務員さんや教育委員会へのお礼も、自分たちの言葉で語ってくれました。2_2
 担任の先生にも「いつも親身になって相談にのってくれたこと、お兄さんのような存在であった」ことなど感謝の言葉がありました。
 卒業生が学校への思い、村や地域への思いがしっかり語られ、いい卒業式だぁといつも思います。
 

3月定例議会が始まっています

 3月5日から、定例議会が開かれています。
5日には、平成27年度予算が上程され、村長の村政運営方針が報告されました。
村政運営方針にたいする、総括質問がおこなわれ、私は日本共産党議員団を代表して、4項目について質問しました。

①国の重点施策に掲げられている「地方創生」について
②過疎地域自立促進計画について
③役場庁舎とビジターセンターの建設について
④国の26年度補正で計上されているプレミアム商品券について

Photo_4

最終日23日に行われる一般質問は

1.子育て支援の拡充を
 若い世代の移住と村に住む人の出産を増やすために、さらなる子育て支援が必要です
 ①子ども医療費助成を高校卒業まで拡充し、府下でもトップレベルをめざすこと
 ②村独自の奨学金制度を設けること

2.保育料などの納付をコンビニでも収納するよう求めます

南海電鉄本社に申し入れと懇談

Photo
 毎年、南海電鉄と近鉄電車に要望書を届け懇談しています。
2月18日の近鉄懇談に続いて、27日に南海電鉄本社で懇談をしました。
私は南海電鉄との懇談に河内長野市、大阪狭山市の議員と参加しました。15


Photo_2
 美加の台駅や狭山駅などの無人駅の対応や、トイレットペーパーの設置など、昨年からの項目も含めて要望しました。
乗降客が15~26%落ち込んでいるなか、経費節減で無人駅の対応やトイレットペーパーの設置が遅れています。
 近鉄は各駅にトイレットペーパーが設置されていますが、南海は「利用客2万人以上の駅」と基準を設けています。しかし、「利用客が少ない駅は店も無く、いざという時に大変困る、基準を設けるのはおかしい」などの意見が出されました。
 この懇談には、議員以外にも大阪狭山市や富田林の住民も参加しました。

棚田の河川清掃活動

1
 棚田守りたいの活動を続け、隣接する河川のゴミ清掃もしています。
2月28日今年の河川清掃をしました。
最初のころは、風呂や家の扉、単車などありとあらゆるものが不法投棄されていましたが、少しずつその量も減ってきました。
それでも、タイヤや農耕に使う網などもありました。年々不法に投棄される両が減り、川底に沈んでいる古くからのゴミを掘り出しています。2_2

 昼前におわり、みんなで記念写真Photo_2
 同時進行で、イノシシに掘り返された、柵などの点検もやりました。Photo_3
 これから、田お越しや、イノシシ対策など今年の田植えに向けて忙しくなります。

 

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »