« 田おこし | トップページ | 薔薇満開 »

憲まるごとフェスタ

 集団的自衛権絶対に認められません

15日、新日本婦人の会が主催した「憲法まるごとフェスタ」に参加しました。
 テレビなどにも出演されている「浜 矩子」さん(同志社大学大学院教授)が「人権と分かち合いへ おしゃべりから蜂起の波を」と題して講演されました。

3 会場のドーンセンターは開会前から満員の状況で、千早赤阪村からも7人が参加しました。浜さんは、カトリックの信者として旧約聖書の「慈しみと真はめぐり合い」「正義と平和は抱きあう」という詩篇を紹介し、「地上の現実はそうはいかない。人権と分かち合いのないところに平和なし」と、集団的自衛権を容認し、戦争できる国にしようとしている今の動きを批判されました。憲法を守って、海外での武力行使をさせてはならないと、会場のみんなが決意を固めました。20140515_142255_2
 夕方、Photo 安倍首相が自分の諮問機関「安保法制懇」が海外での武力行使を認める報告をしたことを受け、憲法解釈変更で集団的自衛権を容認する記者会見をした日でした。
 昨年暮れの「秘密保護法」の強行に続き、今回の動きは、まさに戦争前夜を想像してしまいます。こんなことを認めたら、憲法がなし崩しにされ、歯止めが利かなくなってしまいます。「日本は戦争しない国」として、海外から信頼されていたものが、そうではなくなるのではないかと強く思います。国会での勢力は自衛権容認が多数を占めているなか、国民世論でくいとめなくてはと思います。

« 田おこし | トップページ | 薔薇満開 »

新婦人」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 憲まるごとフェスタ:

« 田おこし | トップページ | 薔薇満開 »