« 「かいものかご208」3月議会報告 | トップページ | 村政報告会 »

響きaiコンサート

 福島県で行われた「響きaiコンサート」に参加し、たくさんの感動とたくさんのことを学ぶことができました。
 大阪の「レガーテ」の呼びかけで、私の所属する河南混成合唱団や関西合唱団、絹の糸合唱団、国鉄大阪合唱団合笛、つゆ草合唱団も参加し、そこにつながる個人も含め250人が参加しました。

Photo
「遠く離れて暮らしている私たちには被災地の皆様の本当の心はわからないと思います。でも被災地のことを知ること、皆様の心に寄り添いたいと願うこと、自分たちにできることを考え行動することはできます。一人ひとりの力は小さいですが合わせれば何かできるのではないかと思います。そんな思いを持つものが実行委員会に集い、コンサートを準備してきました」(コンサートご挨拶より)
 私たちの合唱団では、被災地の復興を願う歌を何曲か歌ってきました。被災地をこの目で見ることも大事だと思い、福島市音楽堂で福島や宮城の合唱団のみなさんと一緒に歌ってきました。
 大合唱の「ふるさと」を合唱した時、胸が熱くなり涙があふれてきました。横の何人かも同じく涙を流していました。
 私自身は「ウサギを追ったこと」も「小鮒を釣ったこと」もないのに、日本の原風景の山や川を想像することができ、母のことや兄姉のこと、子供の頃のことなど、とても懐かしくなりました。こんなに親しまれる歌こそ、日本の「国歌」に選ぶべきでないかと思いました。
 同時に、故郷を津波で流された人、原発事故で家も学校も残っているのに、見えない放射能で侵され、故郷を追われている人の思いは、どれほどつらく悲しいものか、悔しいことかと胸がいっぱいになってしまいました。
 

« 「かいものかご208」3月議会報告 | トップページ | 村政報告会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Really enjoyed reading ur blog. adbedbccdeed

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 響きaiコンサート:

« 「かいものかご208」3月議会報告 | トップページ | 村政報告会 »