« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

事務所開き

 3月24日事務所開きに100人を越える方が来てくださいました。
天候が心配されていましたが、とても良い天気に恵まれ、ご近所の方や河内長野、狭山からもたくさん来ていただきました。2_5
  Photo_6
  ご近所で新婦人でいっしょに活動している人や、英会話教室にいっしょに通ってる人もスピーチをしてくれました。
  最後に孫たちから花束をもらいました。3  定数が7人に削減されたうえに、小吹台から5人も立候補するので、とPhoto_2っても厳しいです。私は、子育て世代が、働続けることができる環境を整えるために全力で頑張ってきました。小学校を統合しようとする話も再燃しています。とんでもない!!何が何でも当選して、若い世代が入居して、人口減少にストップをかけるために頑張ります。
 終了後、生活相談もありました。

Photo_4

河内長野駅の早朝宣伝

 毎週月曜日の朝、河内長野市会議員の丹羽実さんと武富昌子さんの3人で宣伝しています。 Photo 10年ほど続けていますが、小吹台からのバスの利用者は以前に比べて3分の1くらいに減少しました。
 先日、小吹台を訪問していると、「河内長野駅で朝、お見かけしています」と2人の方から言われ、嬉しくなりました。
 毎回、日曜版を受け取られる方、ビラを受け取られる方など、顔見知りになる人もいます。
 体調が悪かったり、雨の日は休みになり、特に冬はつらい日もありますが、がんばります。通勤される方は毎朝ホントにご苦労様です。
 

村内小・中学校、幼稚園での卒業(園)式

 3月は卒業式の季節です。村でも、1つの中学校と2つの小学校、こごせ幼稚園で卒業(園)式がおこなわれました。2 写真は3月19日の千早小吹台小学校の卒業式 Photo
 
3月13日は村立中学校で49名(男子22名、女子27名)が卒業しました。村中の卒業式はいつも素敵な卒業式なのですが、中でも今回は卒業生の答辞が私の胸に熱く響くものがありました。「この村が自分たちにとって、良い環境である」「小さい学校 だから、味わえたこと」「つらい、悲しいとき仲間がいたからのりこえられた」「家族が大好き」「5年後の成人式にはみんなで会おう」といった内容で、村への思い、学校や仲間のこと、家族への感謝など、私自身、この村が大好きで、小さい村だからこそできることがあると、いつも思っているので、中学生がこんなにも村に愛着を持ってくれてると、とても感動しました。
 幼稚園の卒園式は20名が卒園しました。ここでも、1人1人がみんなの前で「発表会でせりふを上手に言えて嬉しかった」こと「自分の思ってることをちゃんと言えるようになった」など、幼稚園で成長した様子を発表してくれました。
 19日の小学校では、赤阪小学校で27名、千早小吹台小学校で22名がそれぞれ卒業しました。
           写真は3月15日こごせ幼稚園
Photo_2

さよなら原発 3.10関西2万人行動

 3月11日の東日本大震災と福島第1原子力発電所の炉心溶融事故から2年が経ちます。
 今も避難生活を強いられている被災者が32万人を超え、福島県では、県内外で16万人が避難生活を余儀なくされています。
危険な原発から自然エネルギーへの転換を求める声が高まる一方、離れたところでは、忘れられそうな気配もあります。私は河内長野市で行われた、集会に参加し、私にできることは何か、改めて考えました。

310_2
下の写真は定例の河内長野駅での宣伝(3/4)に、河内長野デモ実行委員の人と案内ビラを配布しているものです。 Photo

党と後援会のつどい

 3月9日、くすのきホールで「党と後援会のつどい」を開きました。Cimg0716_3 4月21投票で村会議員選挙が実施されますが、党と後援会のつどいを開き、日本共産党の政策などの学習会をしました。本部長の川手氏からは、選挙の状況、維新を名乗る候補の動きがあり、厳しい選挙ではあるが、日本共産党の値打ちを語り、必ず勝利をと訴えがありました。

39 392_2 39_3  Sさんは32年前、私が始めて議会で質問した一般質問は何ですか?とクイズをしてくれました。参加者は「学校給食の実施」と「小吹台から中学校への通学バスの運行」は想像がつくのですが、残りの1項目が「村独自の授産施設の設置を」というのが、すぐに出なかったようです。何もなかった中で、ひとつひとつ言い続け、通学バスも学校給食も、作業所もみんなのものになっています。

国保の修正案を提出

 開会中の議会では、平成25年度の予算審議が行われています。
6日の総務委員会に、国保料を1人10,000円引き下げるための、議員発議を行いました。
 これまでも予算の修正動議などを提出したことがありますが、動議が否決され、議案にのぼる事がありませんでした。
 今回は、河内長野市で行っている、修正案の発議などを勉強して、修正案を提出しました。
 提案者として、委員の質問に答弁をしなくてはなりません。緊張しましたが、理事者や傍聴者もあるなかで、「国保引き下げを求める署名」1160名の思いを胸に、答弁しました。
 全委員が繰り返し質問しましたが、なかには「選挙目当て」とは言わないものの、「一時的な思いつき、で提案したのではないか」と質問する委員もいました。決して一次的なものではなく、日本共産党は、何年も前から引き下げを求めてきたもので、積立金や繰越金もあり、引き下げは可能だということで、提案しています。
 残念ながら、修正案は否決されましたが、引き続き、がんばります。

ひな祭り宣伝

 3月3日 小吹台で女性後援会で宣伝しました
3
2
 寒い日が続き、この日も冷え込みましたが、天気が良く、小吹台の住宅を一周し、スポット6回しました。
「お雛さん」のお祝いで、実家に帰ってる人もあり、普段会えない、なつかしい人にも出くわし、楽しく宣伝できました。331 4

スイセンの丘

 スイセンの丘のスイセンが、とてもかわいらしく咲いていますP2281100
 今年は寒い日が多くて、スイセンを見に来られる方も少なかったように思います。昨日はとても暖かく春の陽気でした。
 給食センターの帰り道、スイセンの香りに誘われて、車を止めました。ほとんど人もいなくて、寂しい感じでしたが、たくさんのスイセンが、私を迎えてくれました。P2281099_3
P2281101

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »