« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

吉井英勝前衆議院議員を囲む会

2013126 吉井英勝前衆議院議員の労をねぎらい、支えてきた妻の早苗さんの2人を囲む会に出席しました。
 堺市議から参議院議員を経て衆議院議員となり、42年間の議員活動となります。 私が村会議員になって、吉井さんには選挙の時には何度も応援に来ていただきました。そして、小吹台に郵便局を誘致するにあたり、郵政省に申し入れに行く際、吉井議員にも同席していただきました。その他、厚生労働省や運輸省、建設省への交渉、南海・近鉄への申し入れなど、吉井さんには色々と助けていただきました。
 京都大学原子核工学を卒業されていることで、国会内外で、原子力の専門家としても活躍されました。
 2006年、巨大地震で原発の安全機能が失われる可能性があると指摘してきましたが、当時(安倍内閣)は「発生するとは考えられない」と答弁していました。
 東電の原発事故で「吉井さんがいなかったら、東京電力は人災だと認めることはなかった」という人もたくさんいます。
 小選挙区制という選挙制度のもとで、日本共産党の国会議員は少数でも、その活動はいつも、国民の立場に立って奮闘し、多くの実績を残しています。
 勇退されても吉井さんには、原発問題や労働・経営団体などから、いろいろ声がかかっているそうで、ゆっくりする間もないようです。
 吉井さんと早苗さんへのねぎらいの言葉が数々語られました。
 ホントにお疲れさまでした

かいものかご194

 今年初の「かいものかご」を発行しました。
成人式や学校給食の行事、放射線の測定予定、くれよん(日常の出来事など)などです。Img194

放射線量の測定をしました

 1月24日、予定していた村内公園の放射線量測定を実施しました。
平時を知っておくことが、大事だということで行いました。
Cimg0694_2

Cimg0691 P1241020_2 
 前日の夕方は雨模様だったので、空間線量は測定できるのかな? と心配しましたが、当日は温かく良い天気に恵まれ、予定していた8箇所全て測定できました。機関紙「かいものかご」でお知らせしていましたので小吹台では、いっしょに参加してくれる人もあり、にぎやかに、「側溝も測定して」という声もでてきました。
 いずれも、国の除染基準0.23μsv/h内で
(自然放射線=大阪府0.03~0.07μsv/h)、平均0.07~0.08でしたが、落ち葉の多い、緑公園では0.1のところがありました。
 2月4日には、東阪や森屋、水分などを予定しています。

公園の放射線測定を実施します

           昨年5月28日の測定  赤阪小学校P6070891
 福島の原発事故後、2年近くになります。全国で放射能の汚染が心配されている中、各地で放射線量の測定が行われています。
 日本共産党千早赤阪村支部でも、平時の放射線量を知っておくことが大事だと、昨年小・中学校と保育園の運動場と校舎内を測定しました。(いずれも基準値内)
 今回は村内の公園を、下記の日程で測定します。
測定の見学、お気軽におこしください(*^-^)
   
 1月24日(木) AM 10時     千早老人憩いの家前広場
    〃    AM 10時40分  小吹老人集会所ちびっ子広場
    〃    AM 11時          小吹台集会所横ちびっ子広場
    〃    AM 11時15分  小吹台北公園
    〃    AM 11時30分  小吹台緑公園
    〃    AM 11時45分  小吹台南ちびっ子広場
    〃    PM 12時     小吹台ちびっ子広場(保育園近く)
        〃    PM 12時15分  小吹台ちびっ子広場(小学校近く)
 千早以外の時間は予定時刻です

農地パトロール

 P1161009_2     

P1161012

 一昨年6月から、農業委員(議会選出)としての仕事をさせていただいています。全国では女性農業委員もみられ、農水省では女性農業委員を増やす方針でした。そんな中で農家ではないのですが、(棚田まもりたいの活動を8年間続けています)皆さんといっしょに、村の農業について勉強させていただいています。農業委員の仕事のひとつに「農地パトロール」があります。
 農地パトロール実施の目的は
 農地の荒廃・乱開発を防ぎ、優良農地を確保する役割を担ってい
 ます。そのため遊休農地などの確認や調査
 農地の汚染につながる産廃の不法投棄や農地の無断転用の廃止・坊止、転用許可後の使用状況調査などです。
 16日、農業委員4人と事務局の井上さんの5人でパトロールしました。上東阪は14日の雪が、まだ残っているなかのパトロールでした。後継者がいなくて、草刈のみしているところや、全く手がつけられていないところなど、チェックしていきます。
 村は急峻なところが多く、昔は急な田畑でもコツコツと、手入れされていたのだでしょうが、田・畑を維持していくことは、大変厳しいと実感ています。 

「超人シェフ」の「スーパー給食」を試食

P1150985     P1150987_2

        ・鶏モモ肉の豆乳グラタン 
        ・ホタテと茸のラグソースのパスタ ・赤オレンジゼリー                  15日、「超人シェフ倶楽部」に所属する、有名レストランや割烹のシェフが料理した「スーパー給食」を赤阪小学校の児童といっしょに、試食させていただきました。
 平成17年に「食育基本法」が成立し、学校給食を中心に子どもたちに食の大切さや、日本食の良さを広げる活動をしている、同倶楽部に国が補助しています。
 当日の給食レシピを「京都ネーゼ」の森博史シェフが考え、(給食代400円の範囲)8年目と2年目の若者シェフが調理しました。
   
  2年越しの実現
 
給食センターは2年前に申請をして、ようやく実現しました。全国では47番目で大阪では始めてとのことです。
 私は、村の給食は自慢できる内容といつも感じています。シェフとの懇談で、「村の給食は色々工夫されており、村内の野菜も使われ、献立表を見ても自分たちも、とても興味がある内容だ」と述べられました。
 ハンサムな2人のシェフは、子どもたちの質問に楽しく答えていました。こうしたことを通じて、子どもたちが食に感心を持ってくれることと思いました。また、料理人を目指す子も出てくるのではないでしょうか。

 Neta_028_cocolog_oekaki_2013_01_16_ 

新成人に50人

 新成人に「おめでとう」ビラを配布

130114_09370900_2

 14日は全国で成人式が行われました。全国で約122万人が新成人となりました(総務省)
村では50人が成人の仲間入りをしました。
くすのきホールで行われた成人式には、新成人のほとんどがと参加し、同窓会のような雰囲気でした。
 あいにくの雨と雪で、振袖に気遣いながら受付をすませていました。
会場では、新成人の小・中学時代のDVDが上映され、歓声があがっていました。
 日本共産党は毎年、新成人へのおめでとう宣伝をおこなっています。

130114_0939130000_2

ノア先生の英会話教室

  英会話教室に参加しました
 20130110195012_4 去年、友人と英会話してみたいと相談していました。
ちょうど、昨年12月広報で「英会話教室」の生徒募集のチラシが入っていましたので、私は、申し込み日の12月3日には午前9時前に、教育委員会に直接申し込みに行きました。
9時には電話がジャンジャン鳴り始めました。私は2番目に受付を終了できましたが、9時20分過ぎには定員いっぱいになったそうです。
 村では、幼稚園、小・中学校でノア先生の英語教室が早くから始められています。今回は村の生涯教室として始められました。
20130110195030_3  楽しい英会話教室には、小学生から私たちのような、おばさんも参加して、あっという間の1時間でした。月2回の教室で12月までですが、挨拶くらいはできるようになりたいと思っています


初詣

 20130105121726 201301051219_3

 4日、ビラまきの後に、富田林の滝谷不動に初詣にいきました。普段は神仏に無関心なのですが、お正月は気持ちを新たに「世界の平和と、みんなが幸せに暮らせるように・・・」とお願いをしてきました。

仕事はじめ

  1月4日 役場の仕事初め

 村役場の仕事始めは、1月4日からです。業務開始8時50分の少し前に村長が、職員全員に「年頭の挨拶」をしました。
 私も職員さんといっしょに、村長の挨拶を拝聴しました。

 あいさつの内容(概要)は
 「村長になって今年は10年目になる。昨年の選挙で山中八策を掲げて当選した。山中八策を要約すると、
・徹底した村の活性化
・行革 これまで職員や議員の給与のカットなどしてきた、これからは(カットばかりではなく)大きな行革に取り組みたい
・業務のスピードアップ
・住民に優しい行政 をすすめる。
国においても政権がかわり、景気が良くなることを期待する。
村でも、賞味期限の切れた、村単独事業を思い切って、見直したい。
例えば、くすのきホールの運営は年間2000万かかる。これをつぶして、つぶす費用に6000万円かかったとしても、3年でペイできる」などといわれました。

 私の記憶の範囲での概要ですが、年頭の挨拶にしては「大胆なことを」という感想でした。
 自然休養村センターが閉められ、くすのきホールは村の行事や民間での催しなど、幅広く利用されています。村民の声を聞くべきではないかと思いました。

 

 

新年明けまして おめでとうございます

 新しい年が始まりました201301011239_2 20130101111348_2
みなさん、健やかに新年を迎えられましたでしょうか
今年は4月に村会議員選挙があります。定数が今の10人から、7人に削減され、大変激戦となります。
 日本共産党は、現職の徳丸幸夫さんと関口ほづみの2人を立て、現有2議席を確保するため、がんばります。
 毎年、元旦は議員団そろって、新年の挨拶まわりの宣伝を行っています。
 今日は天気もよく、小吹台では、歩いて観心寺に初詣に行く人などがいて、挨拶をしてくれる人もいました。
 今年もどうぞよろしくお願いします。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »