« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

脱穀までがんばってます

 脱穀は11月3日です。それまで毎日、イノシシに入られていないか、稲を干してる馬は倒れていないか、交代で見回りをしています
稲刈りをした2日後には雨と風で、馬が6本も倒れてました。
馬を起こし、稲を元にもどす作業を、男性が雨の中がんばってくれました
Photo 3日の脱穀の日まで、天気が続くこととイノシシにしごかれたりしないように祈ります。Photo_2

村 ふれあい展・コンサート

10月27日と28日、村のふれあい展とふれあいコンサートが行われました

20121028153747 20121028151731_4
 陶芸や書道、レザークラフト、押し花、パッチワークなどの作品が展示されていました。例年に比べて、俳句や絵画などの作品がなく、全体的に少ないように感じました。
 その一方、今年始めて出展された「書画」もあり、私はその温かい書画に惹きつけられました。条件が許せば、やってみたいと思い、指導するYさんに詳しく話しを聞きました。

 28日のコンサートは今年始めて参加されたハーモニカ演奏や3ビー体操もありました。その他、保育園の和太鼓演奏にも「かわいい!」の声援がありました。今年は特に、中学校のブラスバンド部の演奏が注目されました。中学校ブラスバンド部は、今年の吹奏楽コンクール中学校の部で大阪府代表に選ばれ、関西大会では銀賞に輝きました。

全国「小さくても輝く自治体フォーラムム」に参加

小さくても輝く自治体フォーラムの会が主催する研究会に参加しました

 今回は、高知県梼原町で「自然エネルギーを利用したまちづくり」を勉強してきました。北海道・東川町・下川町、群馬県・上野村、長野県・阿智村、愛知県・一宮町、鳥取県・岩美町、兵庫県・福崎町、宮崎県・綾町、高知県・馬路村・梼原町などから町長さんや役場職員、立命館大学、下関大学、和歌山大学教授などが参加しました。千早赤阪村からは徳丸議員と私、村民2人も参加しました。
 夜行バスで高知まで、高知から須崎まで電車で約1時間以上、須崎からバスで1時間半ほどかかる、とても不便な所でしたが、街に着くと明るい雰囲気で多くの町民は、その町を誇りにし、お年寄りは喫茶店でお茶をしていたり、とても元気な人が多いと思いました。
 梼原町は高知県の西北部・愛媛県境に位置し、総面積236.5k㎡(千早赤阪村37.38k㎡)で町面積の91%が森林です。人口4000人の町で、太陽光発電への補助上限4kW 80万円、小水力発電、小型風力発電、ペレットストーブなど、早くから自然エネルギーを活用した施策をすすめ、全国から注目されています。「自然エネルギーの活用による環境の保全が地域経済循環を生み出している」ということを実感しました。
 町長の矢野富夫氏ともお話ができました。「しぶん赤旗の「いま言いたい」に載りましたよ」とのことで、帰宅後早速記事を探しました。

写真は町産の木材で建築された役場庁舎(吹き抜けになっていて明るいフロア)と9月17日付けしんぶん赤旗に掲載された矢野町長の記事です
Photo_3

Photo_4

原発ゼロ 南河内 大集会

 Img_3 「原発即時ゼロ11.11全国100万人集会」が 全国で計画されています。この集会のプレ企画として、11月2日(金)河南地域で集会パレードが実施されます。
 南河内で唯一残された、関西電力羽曳野営業所前で、毎週金曜日抗議行動が行われてきました。11月2日、是非ご参加ください。
ところ 関電羽曳野営業所前 5時半集合 
     集会後古市駅まで歩きます
     ゼッケン・プラカード・光ものなど、原発ゼロの1点で、誰
     
でも参加できる非暴力の行動です。ごいっしょに原発ゼ
     ロの声を上げましょう(* ̄ー ̄*)

稲刈り

Photo
 10月20日、さわやかな秋晴れ に恵まれて、「棚田守りたい」の8回目の稲刈りが無事に終了しました。大阪経済大学の学生さんや大阪市内、柏原市などからも手伝いに来てくれました。
また、今年は友人からバインダー(稲刈り機)を借り、その友人が刈り取りをしてくれたので、私たちは機械の入らない場所を刈り取りました。お陰で、1日で終了でき大助かりです。
  Photo_2 毎年田植え・稲刈りに参加してくれる、東大阪のどんぐり保育園の5才児が、お昼の休憩時に、運動会で踊った「花笠音頭」をとってもかわいく踊ってくれました。

9月議会報告 №191

平成23年度決算 一般会計9587万円の黒字決算(実質収支)
 Img_3 9月議会は平成23年度の決算審議などが行われました。一般会計は黒字、積立金残高は8億19,990万円になります。
 一般質問は「小型化したくすのき号の復活を」、「大阪府広域水道について」を、村で行われた行事などを「くれよん」コーナーでお知らせしています。

第5回秋の奥千早カフェコンサート

Photo_5  Photo_3 10月4日木曜日発表会
小吹台の吉本さんから、お誘いいただいて、千早赤阪村のウッディーハートで行われた発表会に行ってきました。
 1部は聴けなかったのですが、 最近楽器を習い始めた人から、何年も習っておられる方など、多彩でした。実は、私も吉本さんから「出演してみない?」と声をかけていただいたのですが、とんでもない、私は合唱団に入ってるけど、ソロで聞いてもらえるようなものではありません。
 ランチには、とても美味しいパスタとデザートは新発売の「じゃぱんなこった」これも美味しかったですよ。
 北欧伝統音楽メドレーのクループの演奏は、バイオリンで演奏するのですが、「バイオリンはお酒を飲んで演奏はしないけど、お酒を飲んで楽しく演奏するのは、同じバイオリンでも「フィドル」というそうです。例えば自転車チャリンコというようなものだそうです。(その時のコメントですが、私が間違って聞いてたかも知れません)
 懐かしい人に会えたり、新しい出会いもあったりで、とても良い時間を過ごせました。

国保料の引き下げはできます

Img 国保料の引き下げを求める声は多くなっています。
日本共産党は国保料を引き下げることは可能だと、これまで議会でも取りあげてきました。また社会保障推進協議会と村との懇談でも国保料の引き下げを求めてきました。残念ながら村は「医療費が伸びることや、高額医療などに備えて、引き下げはしない」などとしてきました。しかし、国保会計は平成17年から23年まで黒字が続いています。また、積立金も1億6600万円あり、同じ人口規模の町村と比べても、10倍です。
 村の国保の内容を分析して、国保料の引き下げは可能です。という内容の千早赤阪民報を作成し、全戸に配布しています。これから署名も進めていく予定です。ご協力お願いします。

けっこう穴場 

「なんでもやりたい小組み」で橋本の紀伊見荘の温泉とバイキングで、のんびり、おしゃべりを楽しんできました。20121001112836_11 20121001112712  
 
会員のNさんが一度行って「安い」ということで、すぐに決まりました。温泉とランチバイキングで1200円。朝10時に出発して、紀伊見荘には10時30分につき、入浴は一番で貸切になりました。バイキングの味はマアマアでしたが、リラクゼイション室でも8枚のマットを占領して、寝そべってゆっくりできました。
 私は、ギックリ腰になってしまったので、温めてみようと、今日は夫と行き、ヤミツキになるのではと思っています(ランチはやっぱりお値段どおり

イノシシとの根比べ

   Photo_6またまたイノシシに入られました!!

  2日に一度イノシシに入られてます。幸い大きな被害にはなってないのですが、男性が見回りに行き、柵に開けられた穴を見つけ、その都度修復していただいてます。
30日は草刈の作業は中止してたのですが、台風と雨がひどくなる前に修理をしてくれました。
 20日の稲刈りまで、見つけては修理の日が続きます。せっかく実った稲をイノシシに食べられたり、田んぼを荒らされないよう、イノシシとの根比べです。

  棚田崩落の補修完成
 
7月の雨で、進入路が崩落していましPhoto_7た。Photo_2会員の大西さんが、重機を持参していただき 、見違えるように改修できました。稲刈りには通行できるので、ほんとに助かりました。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »